筋トレ知識 安定性に関わる要因① 支持基底面の大きさと形状

 

電車やバスで吊り手・手すりにつかまらず直立する時、

1.両足をピタリとくっつけ立つ。
2.片足で立つ。
3.両足を肩幅に開き立つ。

上のパターンのうち、どれが一番安定性が高いと思いますか?

支持基底面

直立している状態において「接地している両足とそれらが囲む範囲」は支持基底面(Bace of support)と呼ばれており、下の写真の白線で囲まれた部分がそれに該当します。

 

支持基底面の大きさは安定性に影響を及ぼす

詳しくは(こちらの英語文献)を見ていただきたいのですが、この支持基底面の大きさは安定性に影響し、支持基底面が大きくなるほど安定性は高まる、ということがわかっています。

先述した電車とバスの問題に戻りますが、

1.両足をピタリとくっつけ立つ。
2.片足で立つ。
3.両足を肩幅に開き立つ。

の3パターンにおいては、それぞれの支持基底面の大きさから「3→1→2の順で安定性が高い」ということです。

しばしば杖をついて歩く高齢者を見かけますが、杖の役割は支持基底面を大きくすることにあります。下のイラストの青線は自身の支持基底面を、赤線は杖を含めての支持基底面を表したものですが、このように支持基底面を大きくすることで安定性を高めているわけです。

 

安定性は支持基底面の形状も考慮する必要がある

1辺4㎝の箱Aと、縦8㎝横2㎝の箱Bがあった場合、面積はどちらの箱も16㎠となります。すなわち、支持基底面の大きさは同じです。

しかし、赤矢印である横方向の安定性は箱Aの方が、青矢印である縦方向の安定性は箱Bの方が高いという特性があります。つまり、ある方向における安定性は、その方向における支持基底面の長さが関係してくるということです。

上の写真を例にとると、横方向(黄矢印)の安定性は写真左のスタンスの方が、斜め方向(緑矢印)の安定性は写真右のスタンスの方が高いと判断できます。

 

まとめ

安定性に関わる要因
・支持基底面の大きさ(大きくなるほど安定性は高まる)
・支持基底面の形状(長くなるほどその方向における安定性は高まる)

支持基底面という用語を把握せずとも、トレーニングに打ち込むことは十分に可能です。しかし、これらの用語をしっかりと把握しておけば、トレーニングの質をより一層高めることができます。

例えば(リバースランジ)で安定性がうまく確保できない場合、考えられる理由の一つに「横方向の足幅が狭い」といったものが挙げられます。そんな時は下の写真右のように「横方向の足幅を広げる」などの応用を効かせることが可能です。

なお、安定性に関わる要因は支持基底面だけではありません。(筋トレ知識 安定性に関わる要因② 重心と重心線)も併せてお読みください。