筋力トレーニングの耳寄り情報を発信するブログです。国内外の論文をはじめ、これまでの指導・自身の経験をもとに記事を作成しています。

リストストラップの使用法マニュアル(種目・タイミングなどなど)

皆様は、トレーニングでリストストラップを使用されていますでしょうか?私は使用しています。そして、お客様にも使用するよう指導しています。

今回の記事は「リストストラップの使用法マニュアル」とタイトルにあるよう「リストストラップを使用する種目」や「リストストラップを使用するタイミング」などについて書き綴っていきますが、最初に結論から申しますと、

〜リストストラップを使用する種目〜
デッドリフトやシュラッグなど、バーベルやダンベルが手から離れようとする種目、つまり握力が要求される種目。
〜リストストラップを使用するタイミング〜
握力の限界がくるちょい手前。

となっています。

そもそもリストストラップとは?

まずは、リストストラップそのものについて説明していきますが、このリストストラップはナイロンや革などで作られたトレーニンググッズの1つで、握力をサポートする機能があります。

リストストラップの付け方については、下の動画が一番シンプルでわかりやすいかと思います。ご覧ください。

リストストラップを使用する種目

リストストラップは、先述した通り握力をサポートする機能があるため、バーベルやダンベルが手から離れようとする種目、つまり握力が要求される種目で使用することが推奨されています。具体的には、デッドリフトやシュラッグなどです。

確かに、リストストラップを使用せずともそれらの種目を行うことは可能です。しかし「狙った筋群の限界」ではなく「握力の限界」で適切な重量を扱えない場合があるため、特別な理由がない限りは購入していただくようお願いしています。

詳しくは(こちらの英語文献)を見ていただきたいのですが、リストストラップの有無がデッドリフトの1RMにどのような影響をもたらすかを調べた実験では、

・リストストラップ有り:180kg ± 14.8kg
・リストストラップ無し:151kg ± 23.0kg

というデータが得られており、約30kgの差が出ています。

トレーニングを行うのでしたら、やはり最大限の効果を望みたいものです。握力の限界で「適切な重量を扱えない」という状況は、できる限り避けた方が良いでしょう。

リストストラップを使用するタイミング

「リストストラップは、デッドリフトやシュラッグなど 〜 握力が要求される種目で使用することが推奨されています」と記載しましたが、ウォームアップから最後の1レップに至るまでリストストラップに頼ってしまうと、握力が強化されません。

テニスやバドミントンに卓球、そのほか野球やゴルフなど、ラケット・バット・クラブを扱う(何かを握る)競技においては、握力を強化するに越したことはありませんし、ボディメイクを目的とする特に男性の方においては、握力(正確には前腕)の強化が重要となります。

そのため「握力の限界がくるちょい手前」から、リストストラップを使用することを推奨しています。つまり「リストストラップの使用は最低限に留めて、極力自力でやろう」ということです。こうすれば、狙った筋群にプラスし握力も強化することが可能です。

もっとも「握力は別の種目で徹底的に強化する」という場合は、ウォームアップから最後の1レップに至るまでリストストラップを使用してもらって、もちろん問題ありません。

しかし、その分余計にトレーニング時間が長くなってしまうため、効率的とは言えないでしょう。

まとめ

リストストラップを使用する種目
・デッドリフトやシュラッグなど、バーベルやダンベルが手から離れようとする種目、つまり握力が要求される種目。
リストストラップを使用するタイミング
・握力の限界がくるちょい手前。

永く使えば使うほど、それ相応の痛みはやはり出てきます。しかし、2〜3年は問題なく持つはずです。

札幌市にお住まいの方へ

当ブログ「筋トレ教則本」の管理人、古本 直也は、札幌市中央区で、ダイエット・ボディメイクに特化した「パーソナルトレーニングジム スタイルメソッド」を経営しています。

素敵なスタイルを手に入れて「いろんなオシャレをしたい」「体型をバカにしてきたアイツを見返したい」「女子からキャーキャー言われたい。モテたい」…そんな悩みを解決するお手伝いをします。

ご興味のある方は、下のリンクよりホームページへとお進みください。