筋トレ知識 運動学における矢状面・前額面・水平面について

 

私たちの身体は三次元の立体です。前後があり左右があり、そして上下があります。すなわち、3つの方向があるわけです。

私たちは、例えば「肘を曲げる」や「膝を伸ばす」といった運動を行うことができますが、これらの運動をより理解するために、その3つの方向には名称がつけられています。

矢状面

矢状面(しじょうめん)は、身体を左右に分断する面となっています。矢状面上の運動としては、例えば肘関節の屈曲・伸展、脊柱の屈曲・伸展、股関節の屈曲・伸展などが挙げられます。

つまるところ、前後方向の運動が矢状面上の運動です。

肘関節の屈曲

肘関節の伸展

さらに詳しく見る

脊柱の屈曲

脊柱の伸展

股関節の屈曲

股関節の伸展

 

前額面

前額面(ぜんがくめん)は、身体を前後に分断する面となっています。前額面上の運動としては、例えば肩関節の内転・外転、脊柱の側屈、股関節の内転・外転などが挙げられます。

つまるところ、左右方向の運動が前額面上の運動です。

肩関節の内転

肩関節の外転

さらに詳しく見る

脊柱の側屈

股関節の内転

股関節の外転

 

水平面

水平面(すいへいめん)は、身体を上下に分断する面となっています。水平面上の運動としては、例えば肩関節の水平屈曲・水平伸展、脊柱の回旋、股関節の内旋・外旋などが挙げられます。

つまるところ、真上から見たときに円を描くような運動が水平面上の運動です。

肩関節の水平屈曲

肩関節の水平伸展

さらに詳しく見る

脊柱の回旋

股関節の内旋

股関節の外旋

 

まとめ

矢状面:身体を左右に分断する面
前額面:身体を前後に分断する面
水平面:身体を上下に分断する面

ここでは、矢状面・前額面・水平面と記載しましたが、矢状面は正中矢状面、前額面は前頭面や冠状面、水平面は横断面などとも呼ばれています。