筋力トレーニングの耳寄り情報を発信するブログです。国内外の論文をはじめ、これまでの指導・自身の経験をもとに記事を作成しています。

パーソナルトレーニングジムに「超」オススメのラックを紹介

つい先日、札幌市中央区に、ダイエット・ボディメイクに特化したプライベートジム「パーソナルトレーニングジム スタイルメソッド」をオープンしました。

※ホームページへのリンクは、記事下にあります。

ゼロからのジムの立ち上げは今回が初めてだったため、いろいろと苦戦することもありましたが、なんとかオープンまでたどり着くことができ、とりあえずはホッとしています。

今回の記事は、これからパーソナルトレーニングジムのオープン予定がある方に向けて記事を書いていきますが、パワーラック or ハーフラックを購入するのであれば「G5」を強くオススメします。

ラックは必要か?

まず、パーソナルトレーニングジムに置く機材・設備は、どのようなジムにするかで変わります。

例えば、アスリートを対象とした競技力向上に特化するのであれば、高重量のウエイトトレーニングや、クイックリフトエクササイズは必須になるので「200kg以上のプレート」や「バーベルを落とせる床」が必要になります。

一方、高齢者を対象とした健康促進に特化するのであれば「200kg以上のプレート」や「バーベルを落とせる床」は必要ありません。プレートに関しては、50kgもあれば十分でしょう。

このように、必要になる機材・設備は、どのようなジムにするかで変わるわけですが、どんなジャンルのジムにせよ、基本的にはラックを用意しておいた方が良いと思っています。

ラックがあれば(厳密にはベンチ台も)、スクワットやランジ・ベンチプレス・ショルダープレスなど 、様々なフリーウエイトエクササイズを楽に行うことができますし、マシンと違ってスペースも小さくすみます。

もっとも、高齢者を対象としている場合は、ラックがなくても大丈夫なように感じるかも知れませんが、健康促進を目的とするトレーニングで推奨されているエクササイズは、意外にもフリーウエイトです(詳しくはこちらの記事を参照)。

このような理由から、パーソナルトレーニングジムにラックは必要、と個人的に考えています。

様々なラック

ラックは、様々なメーカーから様々なタイプが販売されており、価格はピンキリです。

名前はあえて出しませんが、安価なホームジム用のものだと10万円以下で、高品質で業務用のものだと40万円以上します。

パーソナルトレーニングジムは、自分ではなく(自分で使うこともあるでしょうが)お客様がトレーニングをする場所ですので、安全確保のためにも、やはりそれなりの品質は確保したいものです。

しかし一方で、できるだけ価格を抑えたい、という気持ちもあります。

そして探していると、素晴らしいラックに出会えました。それが「G5」です。

G5

G5は、奥行きのあるハーフラックに分類され、天井にはチンニングバーが取り付けられています。

ここまでだと、ごく普通のハーフラックですが、なんとスミスマシンがくっついています。

さらに、ケーブルもくっついています。

さらにさらに、トライセプスロープやワンハンドグリップ・ディップスバーまで付随してきます(アタッチメントは、他にもまだまだあります)。

機能性・耐荷重量・デザイン…、パーソナルトレーニングジム用としては、どれをとっても申し分ありません。

そして、最も驚くべきはその価格で「25万円」です(2019年12月時で)。私は、一切業者と癒着しておりませんが、本当に素晴らしいラックだと思います。

まとめ

これから、ラックを購入するのであれば、G5を強くオススメしているわけですが、もちろん良くなかった点もあります。

例えば、ディップスバーのグリップカバーが少しめくれていたりとか、ラットプルダウン用の足受けパッドが調節しにくかったりとか、です。最高級のラックから比べると、見劣りする部分はどうしてもでてきます。

しかし、それを差し引いても素晴らしいと言えるラックです。コストパフォーマンスに優れています。

なお、G5は「THE GYM」さまに購入を依頼しました。丁寧に対応してくれますので、これからパーソナルトレーニングジムをオープンされる予定のある方は、検討してみてはいかがでしょうか?

札幌市にお住まいの方へ

当ブログ「筋トレ教則本」の管理人、古本 直也は、札幌市中央区で、ダイエット・ボディメイクに特化した「パーソナルトレーニングジム スタイルメソッド」を経営しています。

素敵なスタイルを手に入れて「いろんなオシャレをしたい」「体型をバカにしてきたアイツを見返したい」「女子からキャーキャー言われたい。モテたい」…そんな悩みを解決するお手伝いをします。

ご興味のある方は、下のリンクよりホームページへとお進みください。