筋力トレーニングの耳寄り情報を発信するブログです。国内外の論文をはじめ、これまでの指導・自身の経験をもとに記事を作成しています。

トレーニングで履くオススメのシューズは◯◯

トレーニングの効果は、どのようなシューズを履くかで変わってきます。

今回の記事は「トレーニングで履くオススメのシューズ」について書き綴りますが、個人的には「リフティングシューズ」をオススメしています。

ランニングシューズやウォーキングシューズはオススメしていない

一般的なスポーツ量販店で販売されているランニングシューズは、靴底が柔らかく作られています。クッション性を高めることで、着地の衝撃から関節を保護しているわけです。

クッション性を高めることは、確かにランニングでは重要となるでしょう。しかし、トレーニングでは余計な機能でしかありません。安定性が下がり扱える重量が減るほか、転倒の危険性も増すためです。

また、楽に体重移動を行えるウォーキングシューズも、トレーニングでは悪影響が及びます。靴底が丸く作られていることで地面との接触面積が小さくなり、上に記載したデメリットが生じるためです。

もっとも、ランニングシューズやウォーキングシューズを、全面的に批判しているわけではありません。あくまでも「トレーニングでは適さない」というだけです。

リフティングシューズをオススメしている理由

リフティングシューズは、ウエイトリフティングやパワーリフティングなど「バーベルシャフトを挙上する競技」で用いられる専用のシューズなのですが、ランニングシューズやウォーキングシューズとは異なり、靴底が非常に硬く、そして平らに作られています。

つまり、高い安定性を確保することが可能です。

また、数㎝のヒールがあるため、足関節の柔軟性が乏しい方においては背屈範囲がサポートされ、スクワットやクリーン・スナッチなど「しゃがみ」を伴うエクササイズでは、大きな可動域を取る(深くしゃがむ)ことも可能になります(詳しくはこちらの英語文献を参照)。

リフティングシューズはネットでの購入が基本

リフティングシューズは、アシックス・adidas・ナイキ・リーボックなど、世界的に有名なスポーツメーカーが製造しているのですが、一般的なスポーツ量販店ではまず販売されていないため、ネットでの購入が基本になります。

ゆえに、残念ながら試着することができません。しかし、基本的にリフティングシューズは、期間内であればサイズの交換が可能ですので、無駄な買い物になることはないでしょう。

まとめ

・安定性を確保することが可能。
・スクワットやクリーン・スナッチなど「しゃがみ」を伴うエクササイズでは、大きな可動域を取る(深くしゃがむ)ことも可能。

このような理由から、個人的にはリフティングシューズをオススメしています。

少し痛い出費かもしれませんが、トレーニングを行うならやはり最大の効果を望みたいものです。数年(4〜5年)は問題なく履けますので、そう考えると割に合う投資ではないでしょうか。

札幌市にお住まいの方へ

当ブログ「筋トレ教則本」の管理人、古本 直也は、札幌市中央区で、ダイエット・ボディメイクに特化した「パーソナルトレーニングジム スタイルメソッド」を経営しています。

素敵なスタイルを手に入れて「いろんなオシャレをしたい」「体型をバカにしてきたアイツを見返したい」「女子からキャーキャー言われたい。モテたい」…そんな悩みを解決するお手伝いをします。

ご興味のある方は、下のリンクよりホームページへとお進みください。